MVNO春の新プラン祭り -ソフトバンクの格安SIMも登場-

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

b-mobileで知られる、日本通信がソフトバンクとドンパチやった結果、まずは始めにiPhone用のSIMを3/22に発売すると発表したが、料金プランまでは出なかった。これの料金プランの発表はまだかまだかと首を長くしていると、ロケットモバイルで知られる、エコノミカルがおもしろいプランをぶっ込んできた。今日はそんなお話

日本通信ほかのソフトバンクiPhoneおよびiPad向けSIM

皆さん待望のソフトバンク網で使える格安SIMの登場です。それもSIMロックされたiPhoneおよびiPadに対応する特級品。

MVNEである日本通信 (開幕SIM) のほか、U-NEXT (U-mobile S) およびヤマダ電機 (ヤマダファミリーモバイル) 、スマートモバイルコミュニケーションズ (スマモバS) がそれぞれサービスを展開する予定となっています。

残念ながら、各社データ通信のみの提供で、通話はおろかSMSにすら対応しません。そして月額費用もソフトバンクへの接続料が高いためか1GB 880円からのスタートとなり、日本通信以外のMVNOが立ち上がり出した頃のドコモ網利用のMVNOと似たような価格となっております。

なお、日本通信をはじめとする各社はiPhoneおよびiPadにしか対応しないと発表していますが、技術的には何も制限をしておらず、SIMフリーなAndroid端末でも使える模様。みなさんの良心にご期待します。一方で残念ながらAXGPは使えないようになっているようです。古いSoftBank 4Gスマートフォンを無理やりSIMロック解除して使いたかった方はご愁傷様。

エコノミカルのロケモバ・アゲアゲプラン

一般的なインターネットトラフィックというものは、どこか知らない遠くの場所にあるサーバから手元にある端末への下り方向ばかりが著しく多いのが常というもの。従って実際の無線基地局を持っているMNOと、それを借りているMVNOとの接続点は下り帯域ばかり混んでしまうわけです。にもかかわらず多くのMVNOは下りであろうと上りであろうと同じように課金してくれます。

そこで神プランで有名なエコノミカルはやってくれました。上り通信無制限のアゲアゲプランの登場です。このプランは月々1480円(税抜)で上り通信が使い放題な一方で、下り通信は100MBまで無料です。それ以上の下り通信をすると、1GBごとに500円(税抜)の課金となっており、解約時にも解約手数料1500円(税抜)かかる仕様となっています。正直ちょっと使いづらい。

サービス開始告知プレスリリースには、”最大上り速度75Mbps” と書かれており、ドコモも上りに64QAMを適用か!?と期待したのはここだけの話。残念ながら解禁時期を破ったという訳ではなく、エコノミカルのミスだった模様。つまらん(ォ

むすび

適当に石を投げればドコモ網を利用したMVNOに当たるという時代が、KDDI網を利用したケイ・オプティコムのmineoによってようやく終わり、そしてワイモバイルブランドやSBパートナーズによるソフトバンク網の再販だけとも言えた、ソフトバンク網を使いたいユーザにとっては暗黒ともいえる時代がようやっと終わりました。これで3社のネットワークを使うMVNOが、一応はそろったのです。

そして、時間を限定した使い放題だけでなく上り方向の使い放題が実現されるなど、MVNO-MNO間の接続帯域に需要が少ない部分のマネタイズ手段も広がってきました。一見接続帯域を無駄遣いすると思われる動画などの用途を限定した使い放題プラン (オプション) は、DPIをする正当性をMVNOに与え、逆に接続帯域を節約する働きをもたらすのかもしれません。

国に規制されたMNOという巨体には、入り込めない需要に入り込んでいくMVNO. 新しいサービスを展開していき、安いだけではない、便利かつ面白いサービスを、新しい世界を開き続けるMVNOには提供していただきたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ドーモ、hadsnです。誰が得するんだ、というネタをズバッと解説。自前のWebページは13年やってやっとアクセスカウンタが7000まで回りました! 今後ともご贔屓に(?)