ドコモ初となるCA対応端末HW-02G発表!CA予定エリアも確認

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドコモからCat.6 CA対応モバイルWifiルーターHW-02Gが発表されました。 発売日は2015年2月18日になります。

2015-02-16-20-36-59~01

先日から噂されていたドコモの初CA対応機ですが、まずはモバイルWifiルーターからのスタートになります。

 

一般的に、CAを利用するときに要求される端末スペックは
・キャリアが提供するCAの組み合わせに対応
・端末のカテゴリーが提供されるCA(基地局のカテゴリー)以上のものである。
の2点になります。

ドコモのCAで例えるならば、
・CA_3-19もしくはCA_1-21
・どちらの組み合わせでも束ねたあとは20MHzBWを超えるためカテゴリー6(Cat.6)。端末もCat.6以上が必要
となります。

 

よって、CA対応でもCA_3-19非対応なiPhone6/6Plusなどは利用できません。
Ascend Mate 7も当初CA_3-19対応しているという発表でしたが、残念ながら非対応となります。

 

ドコモのCAをいち早く体験したければ、HW-02Gを買う他選択肢はなさそうです。

 

【追記】
昨年9月の発表会で有楽町のドコモスマートフォンラウンジで下り最大262.5Mbpsを体験できるコーナーを設けるという話がありましたが、そのCAの準備が確認できたので報告します。

ドコモ有楽町SS

上記はスマートフォンのスクショですが、都内ではいち早いB1 15MHzBW化とB19の思い切った15MHzBW化をしていました。

基地局側でCA_3-19の設定が有効になれば、下り最大262.5Mbps,上り最大50Mbpsということになりますね。

 

ドコモ有楽町スペクトラム

スペクトラムも見てみましたが、案の定B1が干渉していましたね。
室内はLTE15MHzBW(276ch),FOMA2波(10738ch),屋外はFOMA2波(10633ch,10688ch),LTE10MHzBW(348ch)なので、FOMAとの干渉がはっきりと見えます。
B19は良く飛ぶせいか、測定場所では干渉は見えませんでした。

 

 

というわけで、いち早くドコモのCA体験したければ有楽町のドコモスマートフォンラウンジおすすめです。

 

【2015.02.18 追記】
メーカーページより、CA_1-21,CA_3-19対応で、後日ファームウェアのアップデートによりCA_1-19にも対応することがわかりました。

WS000025

ドコモが発表会で発表した組み合わせはすべて対応するということで、頼もしい1台になりそうです。

参考
Wi-Fi STATION HW-02G | 製品 | NTTドコモ : https://www.nttdocomo.co.jp/product/data/hw02g/

The following two tabs change content below.
ほりぴー

ほりぴー

アマチュア無線好きとケータイ好きが合わさって携帯基地局好きになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする