MR04LNはドコモだけでなくauでもCA可能なことが確認される – 接続バンド確認も可

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ついに発売されたAterm MR04LNですが、ドコモだけでなくauでもキャリアアグリゲーションが可能なことがTwitterのtweetから確認されました。

このtweetの画像にあるログを見るとau回線でCAしていることがわかりますね。

そしてよく見ると、6:52:10にBand11(1.5GHz帯)を掴んだ後にセカンダリセルとしてBand1をくっつけているように見えます。

ログのサンプルが少ないために確信が持てませんが、これが正しいとすると

  • auはすでにCA_1-11を開始している
  • MR04LNはCA_1-11に対応した初の端末

ということになります。

加えて、MR04LNは接続バンドがEARFCNの形で確認でき、RSRP/RSRQなど電波測定に必要最低限のものは見れるようなのでとても買いなルーターですね。

ちなみにLTEの対応バンドは”Band1,3,8,11,18,19,21,26,28″となっています。

 

NECプラットフォームズ  Aterm MR04LN ( デュアルSIM 対応 / microSIM ) PA-MR04LN – amazon.com

 

余談(推測とひとりごと)

上記画像には、プライマリを変えることなくセカンダリのPCIだけが変わっているようにも見えるログがあります。

そのPCIを見てみると、”151→146″ “122→455″とPCIがとてもかけ離れており、個人的には同じ基地局の別セクタにセルが入れ替わったとは思えません。

auがドコモのようにプライマリをハンドオーバーさせず、セカンダリセルだけを別基地局に切り替えているという話は公式には未だ出ておらず、そういう報告も上がって来ていないのでイマイチ信用度に欠けますが、もしかしたらBBU同士を接続することで既にこれを始めているのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする