エリアマップを参考にソフトバンクのPLB-LTE(LTE B8)を見てきた!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SBのPLB-LTEのエリアマップが公開されました。

4G LTEタブ(LTE B1/B8)とその下の”4G LTE(プラチナバンド非対応機種)のエリアマップを見る”(LTE B1)の差分をみることでPLB-LTEのみのエリアを確認することが出来ます。

御殿場線SB_PLB-LTE_120msec

 

JR御殿場線 山北駅付近で実際にSB PLB-LTEを確認することが出来ました。

東名高速道路走行中、駿河小山駅を超えたあたりから波が浮かび上がり、基地局前で一番強く入監し、松田駅を過ぎるあたりまで確認することが出来ました。

写真 2015-03-06 15 57 41

↑まさか本当に電波出してるとは思ってなくて慌てて撮りましたhi

 

Screenshot_2015-03-06-16-21-41

↑確認できた電波を出していたSB基地局。よく目にする900MHz帯用に建てられた支線式のタワーです。

 

Screenshot_2015-03-06-16-22-16

↑ストリートビューでは装置の類は見えませんでした。

Flexiなのか、もしそうなら何台でどんな構成なのか、それともNSN以外のベンダーの装置なのか、気になるところです。

CIDを確認することは出来なかったので何局あったかまではわかりませんが、この区間は途切れずにうまくエリア化しているなという感想です。また、LTEB1がないエリアでしかLTEB8を広げないのかと思っていましたが、そうではないようで安心しました。CA_1-8対応のiPhone6/6Pや305ZTではCAできるかもしれません。

 

電波伝搬シュミレーションや工事予定を元にエリアを塗られて騙されることも少なくないエリアマップですが、今回のSB PLB-LTEのエリアマップは参考になりそうです。

The following two tabs change content below.
ほりぴー

ほりぴー

アマチュア無線好きとケータイ好きが合わさって携帯基地局好きになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする