VAIO PhoneもFOMAプラスエリアが使えない!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VAIO株式会社がデザインを監修し(一応そういうことになっている)、日本通信が販売するVAIO Phone(VA-10J)が遂に発表されましたね!^^

しかし、Twitterでも早速話題になってる通り、実はQuantaが制作している”Panasonic ELUGA U2″と同じものでお値段なんと一括で51,000円(税別)

台湾ではELUGA U2は30,000円程度で発売されておりVAIOの名がついただけで2万円アップ

中身は素のAndroid 5.0 Lollipopでこれといってカスタマイズなし。

 

極めつけは対応周波数(バンド)

LTE:2100(B1)/1800(B3)/800(B19) MHz

W-CDMA:2100(I)/800(XIX) MHz

GSM:1900/1800/900/850 MHz

ぱっと見ドコモ網で使うなら問題ないかなーと思っていしまいますが、W-CDMAの対応バンドにBand6がなく、おそらくFOMAプラスエリア(800MHz帯)が使えません。

これはAscend mate 7と同じパターンです。

Ascend Mate7はドコモFOMAプラスエリア・CA非対応らしい – Gadget and Radio

 

さらにVAIOスマホ契約時のSIMはVAIOスマホでしか使えないんだとか。恐らくIMEI制限がかかっています。

 

値段が安いならまだしも、この値段でこのクオリティー(あれだけ期待させ偉そうなこと言っておいて)

買う人はいるんですかねー……

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする