BIGLOBE、KDDIに食われる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本文

au携帯電話サービスを提供するKDDIは2016年12月08日、インターネットサービスプロバイダのBIGLOBEの全株式を日本産業パートナーズから取得し、2017年01月末には完全子会社とする旨を発表した。

BIGLOBEはNECによって開始されたインターネット接続サービスであるが、2006年に分社化、2014年に売却され、ファンドの所有するところとなっていた。

この買収によってau携帯電話サービスの顧客獲得と、au経済圏の拡大、ネットワーク統合によるシナジー効果を期待しているとされている。

KDDIの前身であるDDIがKDDを吸収した際に、KDDが展開するインターネット接続サービスNEWEBを継承したが、2009年にはNEWEBドメインの廃止を行った。

そして2005年に東京電力系通信事業者であるパワードコムを吸収し、2007年にTEPCOひかりサービスをひかりoneに統合、2008年には東京電力のFTTH事業を継承、2011年に旧TEPCOひかりサービスの完全終了を行った。

一方で2008年に完全子会社ではないまでも買収された、中部テレコミュニケーションズのコミュファ光は現在も存続している。

今後のKDDIグループが提供するインターネット接続サービスの動きを見守りたい。

参考文献

The following two tabs change content below.
ドーモ、hadsnです。誰が得するんだ、というネタをズバッと解説。自前のWebページは13年やってやっとアクセスカウンタが7000まで回りました! 今後ともご贔屓に(?)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする