楽天モバイル、宅配便配達員による本人確認の “受け取り時に自宅で確認” を開始。無断キャンセル解決の一手となるか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本文

楽天モバイル(株)は08/24(月)、公式Twitterアカウント上で、本人確認業務を宅配便の配達員に担わせる “受け取り時に自宅で確認” のサービス開始を発表した

店舗に来店しての申し込みや、これまでのアップロードによる本人確認とは異なり、運転経歴証明書や各種手帳、保険証、住基カードの利用が不可能となっているほか、未成年者の契約、代引きによる発送や離島での受け取りなどでは利用できない。

Twitterなどを眺めているとまことしやかに語られている、”本人確認書と申し込み住所が完全一致しないと審査に落ちる (建物名の有無などの揺らぎすら認められず、ステータスがキャンセルになる)”  という問題は、”受け取り時に自宅で確認” のサービス開始によって鳴りを潜めるのだろうか?

リンク

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Twitterは2度の凍結を経て、やってられんわこんなクソゲーというお気持ちになり、自分のWebサイトはGeocitiesの消滅により無期公開停止となっております。文句は@hadsn@mstdn.jpまでお願いします