ワイモバイルPHSの完全終了予定が決定! 公衆PHSの最期が来る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

  • 人対人の音声・データ通信サービスの終了は2020年07月31日
    • サービス開始から約25年のこと
    • 2018年に発表済み
  • M2M向けテレメトリングサービスが2023年03月31日
    • eoエア64が最後まで残ったアステル関西と似たパターン
    • ガスメータの交換とかが入るかも

本文

ソフトバンク(株)および(株)ウィルコム沖縄は、2019年04月25日に両社が提供するPHSを利用したテレメタリングサービスを2023年03月31日に終了させることを予告した。 PHSを利用したテレメタリングはM2M通信のはしりとも言える物で、NTTパーソナルのPHSを利用した事例ではコカ・コーラ自動販売機の在庫管理や、ウィルコムのPHSを利用した事例では低消費電力性を活かしてのガスの検針、セルフ写真プリント機の監視などが挙げられる。 なお、人対人を主目的とした音声・データ通信サービスは2020年07月31に終了すると2018年04月に予告されている。 このサービス終了予告により、テレメタリング対象装置の更新工事が進むことが予想される。

あわせて読みたい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Twitterは2度の凍結を経て、やってられんわこんなクソゲーというお気持ちになり、自分のWebサイトはGeocitiesの消滅により無期公開停止となっております。文句は@hadsn@mstdn.jpまでお願いします