【追記あり】【MFBI】Nexus6はau B26(800LTE)を使えるのか

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

追記:(2014.12.12)

転載許可をいただいてないので掲載はしませんが、北米版Nexus6でau Band26(800MHz LTE)及び、1xでの通話ができたそうです。

auで使いたいのであれば北米版の輸入をお勧めします。

 

追記(はじめに):

日本で売られているNexus6→auでは使えません!以下の内容は北米版の話なので関係ありません。

北米版Nexus6→以下の記事をお読みください

 

結論から言うと「発売されるまでわからない」なのですが、私が何を言いたいのかというと、Nexus 6がBand26対応だからといってauのBand26(800MHzのプラチナバンドLTE)を掴めるかどうかはまだわからないということです。

(Band1は使えますがLTEのエリアが狭いです)

 

auのB26はMFBI (Multi-Frequency Band Indicator)という方式で吹いています。

B18よりあとから定義されたB26は周波数的にはB18を包括していますが、そもそもBand番号が違うのでB26端末でB18を掴むことはできません。そこでB18においてMFBIという技術を使って互換性のあるB26を報知し、B26とMFBIに対応した端末であればB18も掴めるようになっているわけです。

(イメージとしてはMFBIによってB18がB26を包括している感じです)

なので、B18とB26は完全に独立しておらず、例えばB26はB18の報知情報を元に動きます。

 

そして、MFBIはすべての端末が対応しているわけではないということです。

例えば、auのGalaxy S5(SCL23)はB18もB26も対応していますが、MFBIに非対応なのでMFBIを用いているauのB26は掴めません(Note Edgeも同様)。

一方、auのXperia Z3(SOL26)はB18非対応なものの、B26とMFBIに対応しているので、auの800LTEを掴むことができます。

 

近頃はMFBI対応の端末が多いですが、Nexus6がどうかはまだわからないのでアメリカモデルの購入を考えている方は気をつけてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする