【2017年3月更新】各キャリアの「7GB」「3日で3GB」などの速度制限まとめ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そもそも速度制限とは

新プラン(各キャリアのカケ放題プラン)では自分の契約したデータ量、旧プランでは7GB以上月に通信すると、速度が128Kbpsなどに規制されネットを快適に見れなくなるというものです。

また、キャリアによっては3日で1GBまたは3GB以上通信することで規制をかけるところもあります。

 

旧プランの7GB制限(新プランは自分の契約したデータ量)

ドコモ

7GBもしくは契約した通信量を超えた時点で即規制がかかり、上り下りともにきっちり128Kbpsに規制されます。

 

au

7GBもしくは契約した通信量を超えた直後または翌日から(後述)上下共に128Kbpsに規制されますが、読み込み始めてから数秒後に128Kbpsに規制されるので、Twitterや数秒間隔で読み込むRadikoなどはなんとか使えます。

以前は月の最終日は規制が外れていましたが、それが2015年9月からなくなりました。

※データシェアオプションが付いてる場合は即時規制、付いていない場合は翌日から規制です(ほとんどの人は付いてるはず)

なお、データシェアオプションは機種購入時に自動で付いてしまいます。

 

ソフトバンク・ワイモバイル

ソフトバンクも128Kbpsに規制されますが、下りのみ規制されます。

なので画像のアップロードなどは規制後も快適にできます。

2017年8月31日より、他社と同様に上りの通信も速度制限の対象となります。

 

WiMAX2+(UQ Flatツープラスプラン)

7GBプランですので月に7GB以上の通信で規制がかかります(128Kbps?)

 

3日で1GB or 3GB制限

ドコモ

ドコモは3日で1GB規制が完全に無くなりました。

 

au

混雑状況に応じて3日で3GB規制をかけるとありますが、実際のところ規制はかかりません

(混雑エリアでは規制がかかるという話もありますが、かかっても問題なく使えるレベルでの規制なので規制されても気づかないかと思います。)

 

ソフトバンク

新料金プラン(スマ放題)では3日でxGB規制が行われなません(2015.02.25より)

旧プラン(パケットし放題フラット for 4Gなど)では、2015年9月から3日で3GB規制となり、また規制時の速度も緩和されました。

 

ワイモバイルのスマホ

3日でxGB規制はないようです。

 

ワイモバイルのルーター(Pocket WiFi)

対象プラン 対象 制限期間
Pocket WiFiプラン2
Pocket WiFiプラン2 ライト
Pocket WiFiプランSS
Pocket WiFiプランS
Pocket WiFiプランL
データプラン
前日までの3日間のご利用通信量が、2,517万パケット(約3GB)以上

2017年4月5日より
前日までの3日間のご利用通信量が、8,389万パケット(約10GB)以上

当日6時から翌日6時まで

2017年4月5日より
当日18時から翌日1時まで※1

Pocket WiFiプラン+
Pocket WiFiプラン
前日までの3日間のご利用通信量が、839万パケット(約1GB)以上 当日6時から翌日6時まで

 

(※1)2017年4月5日より、制御後の最大通信速度は約1Mbps(YouTube動画等の標準画質レベルがご覧いただける速度)を基準とした運用となります。

 

通信の制限について | Y!mobile

 

WiMAX2+

・2017年2月1日まで

3日で3GB以上通信することで翌日13時から約24時間、速度が規制されます

Twitterなどを見る限り2016年12月現在は3~4Mbps前後に速度制限されているようです。

 

・2017年2月2日以降

3日で10GB以上通信することで「一部の時間帯において」速度が規制されます

制限速度は1Mbps程度で、制限のかかる時間は「翌日18時~26時(深夜2時)」と発表されています。

 

ワイモバイルの305ZT

3日で1GB規制がかかるようになってしまいました。

305ZTでも速度制限開始!3日で1GBで規制!! – Gadget and Radio

 

ワイモバイル(旧イーモバイル 440-00)の10GB制限と366MB制限

30〜50GBの通信で10GB制限、1日366MBの通信で規制がかかるみたいです。

ちょっと詳細がわからないので詳しいことをご存じの方は教えて下さい。

 

SoftBank Air(Yahoo! BB Air)

以前は完全無制限でしたが、現在は夜間に速度制限をかけているようです。

特に動画サイトでの速度制限はひどいようで、VPNを使うことでこれは回避できます。

 

その他

上記規制がかかっていなくてもYoutubeなどの動画サイトにおいて、21時以降に動画の画質が落とされたり、読み込みが遅くなったりするケースが有ります。

以前であればソフトバンクがその傾向が強かったのですが、今ではだいぶ緩くなりました。

また、各キャリアとも、iOSの最新バージョン公開時や人気が予想されるアプリが公開された時は速度制限をこっそりかけている場合があります(ポケモンGOの時のような)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

当サイトの管理人です