SoftbankがMassive MIMOによるビームフォーミング商用運用開始か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年冬、Softbankが都内でMassive MIMOの屋外実験を始めたというニュースリリースがされました。

あれから半年間、なんの進展も耳にしませんでしたが、先日再びそのアンテナを見ることができました。

今回のMassive MIMO局の詳細

都内のデパート向かいのビルに設置されていました。
アンテナにチルトがついていて、通行量の多いところを向いていることから、UE向けのビームフォーミングの実験をするものだと考えられます。もしかしたら、既にサービスインしているのかもしれません。
周波数は不明ですが、おそらく2.5GHz帯かと思います。

また、上から見ると、左右のアンテナユニットを同軸? で接続しているのがわかります。

残念ながら無線機(光張出し装置等)は見当たらず。マスト横の収容函の中に入っているものと思われます。

(参考)八丁堀のMassiveMIMO局

同じタイプのアンテナようです。

Huawei製のアンテナでFA


「昨年の9月に、中国の最大手キャリアのChina Mobile(中華移動)が上海でMassiveMIMOの屋外実証実験に成功しました」っていうHuaweiのニュースリリースですが、そのアンテナと非常によく似ています。

記事によると、アンテナは128素子で、既存の光ファイバーやコアネットワークをそのまま流用できるとのことです。

Huawei_MassiveMIMO_ANT

アンテナの詳細[参考記事3より]

今後に期待です。

(2016.08.15 追記)
都内の複数箇所でこのアンテナが目撃されています。
既にサービスインしていると見ても良いかもしれません。

(2016.08.21 追記)
商用利用していると個人的に判断したため、タイトルを変更しました。

 

参考記事

  1. 【基地局巡り】SoftbankのMassiveMIMO局を見てきた | Gadget and Radio (16.08.12 閲覧)
  2. Huawei Wirelessさん 2015年9月21日 21:11のツイート – | Twitter (16.08.12 閲覧)
  3. 华为联合中国移动完成全球首次TD-LTE Massive MIMO多天线预商用产品演示 | C114(中国通信网) (16.08.12 閲覧)

 

The following two tabs change content below.
ほりぴー

ほりぴー

アマチュア無線好きとケータイ好きが合わさって携帯基地局好きになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする