M2M向け電話番号帯は020に。13桁予定で11桁のスタート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本文

2017年01月01日より、020から始まる電話番号の一部が携帯電話で利用可能になった。これはM2M, いわゆるIoT機器の増加に伴う措置で、データ通信を主とするM2M機器向けの契約にのみ利用が可能となっている。

M2M向けに番号帯を増やそうという検討の初めでは、機械が半自動的に発信して、オペレータに接続するタイプのサービスを提供できるように、他の電話会社への音声通話にかかわる相互接続は任意となっていた。しかし、ユニバーサルサービス料徴収の適用外とするため、この相互接続を禁じた経緯がある。

将来的には13桁での利用を予定しているが、現行システムの改修が必要と考えられるため、11桁での利用開始となる。11桁のままで利用が進められたとしても8000万個の割り当てが可能である。

020-4DEF-GHJKの番号帯は空きが若干数存在するが携帯電話には割り振られず、従前通りポケベルに割り当てられたままとなっている。

なお、各キャリアは2017年10月より、この電話番号を契約者に割り当てるとしている。

参考文献

関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ドーモ、hadsnです。誰が得するんだ、というネタをズバッと解説。自前のWebページは13年やってやっとアクセスカウンタが7000まで回りました! 今後ともご贔屓に(?)